インプラント治療の痛みについて

インプラントの手術で痛みが怖くて不安なあなたへ

インプラントは入れ歯よりもメリットが多く、優れた特性を持っているので注目を集めています。手術を希望される患者さんが増えてきていますが、その中には手術中ひどく痛い思いをするのではないか?と不安を抱え、なかなか手術に踏み出せない患者さんが多いのが現状です。手術の内容を簡単に説明すると、周辺の歯茎を切って中の骨を削りインプラントを埋め込む、という聞いてるだけで極めて痛そうな内容ではありますが、局所麻酔をしっかり行ってから手術を行いますので、何も心配はいりません。人によって多少差はあるものの、基本的には全く痛みを感じることなく手術を終えることができます。それよりも麻酔が切れた後に、歯を抜いた時と同じくらいの痛みが襲ってくるので、早めに処方された頓服を服用して負担を軽減させましょう。術後二日目以降は痛みや腫れを感じる人は少ないようですが、万が一続くようであれば炎症を起こしている可能性があるため、早めに手術した歯科医院に相談して下さい。インプラントはメリットのほうが大きいのでそれが心配で手術に踏み出せないなら確実に損をしています。医師からもしっかり説明を受けて安心して手術を受けましょう。

インプラント治療の痛みについて

インプラント治療を利用する事で欠けた歯を補う事が出来るだけではなく歯並びを矯正する事も出来る事で綺麗な歯並びを手に入れる事が出来るといったメリットもあります。インプラント手術では専用のドリルを使用する事となりますが骨を削る際に痛みを感じる事は少なくなっています。痛みを感じる可能性がある事として歯茎の切開をする際に多少ある場合がある程度となっている事や麻酔を使用し手術後には薬で痛みを抑える事が出来る事で安心して利用する事が出来る環境が整えられています。また、現在では出来るだけ歯茎を切開しないフラップレス手術が主流となっている事やフラップレス手術では歯茎が腫れる事がないといったメリットもあります。インプラントでは統計的に治療後10年以上効果を維持する事が出来る事や虫歯になる事がないといった魅力もある事で人気が高く利用する方が多くなっています。しかし、歯周病になる場合がある事でケアをする必要はあります。

Favorite

Last update:2017/3/2